男女別!睡眠不足を解消するための効果的な方法をご紹介

睡眠不足の女性は日中に強い光を目に入れてみよう。

睡眠不足の女性は日中に強い光を目に入れてみよう。

睡眠不足で悩んでいる女性は、日中に強い光を目に入れるようにすると、体内ではセロトニンの分泌が盛んになります。

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれ、精神の安定に深く関与していますが、不足すると不安が蓄積して睡眠不足になることが少なくありません。

強い光でセロトニンが作られた後には、睡眠に必要なメラトニンも生成されることになります。こうした働きがあるため、日中に強い光を目に入れることが大切です。

天気の良い日には積極的に外出して、セロトニンを分泌させてみましょう。室内に閉じこもることはせずに、常に活動的な精神を保つことも大切です。

紫外線は避けながら、セロトニンを分泌するための太陽光を吸収すれば、体内時計も安定して睡眠不足も解消していきます。

睡眠不足の女性は午前中に珈琲、お茶、紅茶を摂取しよう

睡眠不足の女性は午前中に珈琲、お茶、紅茶を摂取しよう

睡眠不足の女性は、午前中にはカフェインが豊富な飲み物を摂取することが大切です。珈琲、お茶、紅茶が代表的なもので、カフェインの量も極めて充実しています。

午後に飲んでしまう場合には、興奮作用が働いて眠れない状態になることが少なくありません。この傾向は睡眠不足が慢性的になる場合には、悪循環になることもあるため、飲む時間はしっかりと区別して対処しましょう。

午後の時間には、ノンカフェインの飲み物を利用することを心がけてください。お茶の種類ではチャノキの葉を使わないものを選ぶことで、睡眠不足を予防しやすくなります。

麦茶やルイボスティーにもカフェインが含まれることがないため、寝る前には水分補給も兼ねて飲んでみましょう。

睡眠不足の男女は適度にお昼寝をとってみよう。

睡眠不足の男女は適度にお昼寝をとってみよう。

睡眠不足が気になる男女は適度なお昼寝をすることで、寝不足が解消されると言われています。

お昼寝の効果的な時間は10~20分程度を目安とし、寝る前には目覚めを爽やかにするためにお茶やコーヒーなどの飲み物からカフェインを摂取することがポイントです。

短時間の昼寝は脳を休ませることが目的とされているため、深い眠りに入らないように横にならず机に突っ伏すような姿勢をとりましょう。

時間を気にせずに眠ることに集中するために、目覚ましをセットするのもおすすめです。周りの音が気になる場合は耳栓などをあらかじめ用意しておくのも良いでしょう。

時間になったら伸びをして軽く体を動かすことでしっかりと覚醒でき、その後の行動をより効率良くこなすことができるといわれています。