睡眠不足がハゲや薄毛を促進させる原因になるって本当?

睡眠不足で薄毛になる?

睡眠不足で薄毛になる?

男性ホルモンが髪の毛の成長を阻害して薄毛になることをAGA(男性型脱毛症)と言います。女性にも同じような症状が現れることもあり、FAGAは女性男性型脱毛症と言います。

これらは自らが作り出す男性ホルモンによる生理現象であり、遺伝的要素が多いですが、個人差があります。

睡眠不足により薄毛になると言うのは本当なのでしょうか。現実から言うと、断言はできませんが、薄毛になる要素は高いです。髪の毛は睡眠時に最も成長すると言われています。

寝ている間に栄養素が毛根に運ばれ、毛母細胞が分裂するためです。したがって睡眠不足であれば、髪の毛の成長が不十分になると言うことです。

また、日中の活動にも影響が出るため、ストレスを抱えることになります。ストレスは万病のもとと言われるように血流の低下、食欲低下など髪の毛の成長に必要なものを減少させてしまうのです。

何時間寝れば薄毛にならない?

何時間寝れば薄毛にならない?

睡眠をしっかりととることは薄毛予防の基本と言われていますが、具体的に何時間眠ればよいのか知っている人は多くはありません。

ハゲを防ぐための睡眠時間ですが、9時間確保できれば完璧と言えるでしょう。日本人の平均睡眠時間は7~8時間と言われていますが、忙しい現代人ほど睡眠時間を多く確保する必要があります。

例えば、1日5時間労働と8時間労働ならば、後者のほうが睡眠時間を多く確保するのが理想です。

薄毛を予防するためにも、すでにハゲになってしまった方も、1日9時間睡眠を意識してみるとよいでしょう。それが無理なら8時間を目安に確保してください。早寝早起きを意識しておけば、自然と睡眠時間を確保することが可能になるはずです。

早く眠れば髪の毛は生えてくるの?

早く眠れば髪の毛は生えてくるの?

最近では男性女性に限らず、薄毛で悩んでいるかtが増えています。ホルモン的なものから、遺伝、姿勢の悪さによって起こる血流の悪さなど、薄毛の原因はたくさんあります。

髪の毛は毛母細胞からできており、その細胞は血液からの栄養を受け取っています。したがって血流が悪くなると、頭皮が固くなり、血流が悪くなり、薄毛ので原因へとつながります。

頭皮の血流を改善するひとつに、睡眠があります。立っているよりも横になるほうが、頭まで血が流れやすくなるからです。

成長ホルモンが出るという22時に合わせて眠ることにより、髪の毛が生えてくる効果が期待できます。寝る前に頭皮をマッサージし、血流を良くしてから眠るとより効果的です。